関節とコラーゲンの意外な関係

いきいきとした毎日に欠かせない、関節の健康

加齢とともにリスクが高まるロコモティブシンドロームを防ぐため、関節の健康への意識が高まっています。関節のスムーズな動きをサポートしているのが、関節への負担を軽減するクッション的な役割を果たす関節軟骨。その基礎を作るコラーゲンは水を除いた人の軟骨成分の約6割を占め、弾力性を保つため特に欠かせない存在です。

※ロコモティブシンドローム:加齢などにより骨・関節・筋肉などの機能が低下し、日常生活に支障をきたし、「要介護」リスクが高まること。

加齢とともにコラーゲンが減少すると?

関節の健康や、肌のハリや弾力に役立つコラーゲンとヒアルロン酸ですが、加齢や過度な運動などによって減少することがわかっています。特に、軟骨中のコラーゲンが減少すると、関節のクッション機能が低下。不快感の原因の1つになるといわれます。

不足しがちなコラーゲンを十分に摂るために

コラーゲンを多く含む鶏皮、手羽先、軟骨、すっぽんなどの食材は高カロリーで消化吸収がよくないため、普段の食事からコラーゲンを十分に補給するのは困難です。そこで注目したいのが、サプリメント。分子構造が大きいコラーゲンは体内に吸収されにくいので、酵素分解で分子量を小さくし、吸収を高めた液体状コラーゲンペプチドがおすすめです。

コラーゲンはからだにとって大切な成分

からだを構成するタンパク質の約30%を占めるコラーゲン。肌、骨、関節、内臓などいたるところに存在し、細胞と細胞を結ぶ大切な役割を果たしています。関節のスムーズな動きに役立つ以外にも、美肌、骨や目の健康維持、血管のしなやかさを保つなど、からだにとって重要な働きをする成分です。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。022-741-6550

メールでのお問い合わせはこちら